フォト
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2014年3月17日 (月)

アイリッシュフェスティバルとモノノフ

3月17日は何の日か?ワシらニポン人にはちょいと縁遠いけど、アイルランドのお祭り、祝日。St.Patrick's Day。

で、東京では1日早く3月16日に「アイルランドフェスティバル」と銘打って、毎度ながら代々木公園のステージ前広場で開催。本来はアイルランドにカトリックを広めた聖人である聖パトリックの命日で、よーするにカトリックのお祭なのだが、ニポン人はそれはさておきアイルランドのビール&食べ物で楽しもうってなイベント。まあ、お祭りだから楽しめば何でもOK。

Ireland_festival_2

例年恒例のタイ・フェスティバル等に比べると、出ている店と食べ物は少々寂しかったけど、来場していた人は皆、アイリッシュグリーンというか緑色のものを身につけていた。これは中々カラフルで楽しい気分になった。俺も着てくればよかったかしらん・・・

代々木公園から表参道をブラブラ散歩。いやぁ~非東京都民比率、高し。全国津々浦々からお越しの皆様方で溢れかえっておりました。おまけに日本語以外の言語も飛び交って、インターナショナルな雰囲気でありました。

青山通りを神宮前駅辺りまで歩いてくると、こんな↓法被を着た若い衆がそこかしこから三々五々現れてきた。

Momokuro

おお、こりゃひょっとしてももクロZのライブなのか?

Mononof1

ガンガン集まってくるわくるわ、モノノフ達!

そんな彼らを撮っていたら「僕達を撮って下さい~!」と頼まれて、撮ってあげたら「一緒に撮りましょう~」と嬉しいお誘い(^^)。

Mononof3_3

嬉しいなぁ~!こんな風に仲間に入れてくれるなんて。モノノフ達は優しいなぁ。オヂサンも全員推しになってしまおうかな。同じアイドル好き同士で仲間になるなんて良いことじゃないの。羨ましい限りだわ。

2013年12月24日 (火)

クルマは金食い虫

今乗っているクルマの車検を通した。これで5回目、12年目に突入。

特別に愛着があって乗り続けている・・・訳じゃなくて、乗る頻度が少ないのでダラダラと続けているっていうのがホントのところ。我が家に来てから丸11年も経ったのに、まだ24,000kmしか走っていない。そりゃ乗らなさ過ぎ。

青空駐車なので最近はところどころ痛んできた。クルマを降りてふと振り返ったら、フロントガラスとルーフの境目のゴム=フロントウィンドウモールの一部が捲れているのに気が付いた「ありゃ?こりゃヤバい」。しばらく放っておいたが、朝はガラスがコチコチに凍結する寒い季節、このままだともっと深刻な事態になりそうな気がして、クルマ専門のガラスリペア屋さんを見つけて相談してみた。

初めの見立ては捲れている部分だけの補修でOKだったが、フロントウィンドウ全体をチェックしていたらウィンドウガラスの周囲を覆うモール全てが劣化している様で、総取り替えした方が良いとの事。ゲゲッ!

今までロクにメンテナンスしてこなかったツケとはいえ、車検と同じタイミングで補修費用発生。やれやれ年末だというのに臨時で物入りとはね。トホホ。

今のクルマに乗る前まではだいたい3~4年周期で乗換えてきたので、同じクルマにこんなに長く乗り続けてきたのは実は初めて。今までは補修しなけりゃいけなくなるまで乗った事が無かったのだ。「クルマなんざ3年毎に変えなきゃ!車検なんか通した事ねーよ!」何とバブリーなセリフ。そんな時代もあったのよ、ワタシにも。

そんなこんなでそうそう乗換える訳にもいかず、いっそクルマを手放すという選択肢もあったのだが、無いと不便である事も多くて「ならぶっ壊れるまで乗るか」となった次第。

まだこの程度で済んでいるからいいものの、長く乗っていると特に輸入車はマメにメンテしてあげないとダメ、というかマメにしてあげれば長持ちする様だ。世に〇〇車地獄とか、あっちこっち逝かれて買った金額くらい注ぎ込んだという話も聴く。それに比べりゃ虫に刺された程度のダメージなのかしら。ともあれ、もうしばらく、というか少なくても再来年の車検が来るまでは相棒であり続ける、このクルマでありました・・・・BMW E46シリーズの不人気者、後輩の1シリーズに定位置をあっさり奪われてしまった可哀そうなヤツ、318tiであります。

L

ちなみに10年越しのナビもボロくなったので、最近流行りのポータブルナビに入替え。いやぁ安いしレスポンスは良いし綺麗だし見易いし、良い事ずくめだな~。中身もハードディスクどころかSSDだってんだから恐れ入る。まるで浦島太郎です。10年前に10万円以上出したのに、その数倍の性能で3分の一のコストってのには時代の進歩で感心しきりでありました。

2013年12月 9日 (月)

森山大道展

写真展ってあまり見にゆくことは少ないけど、たまたま吉祥寺を歩いていたら目に入ったので寄ってみた。

森山大道 モノクローム

Daidou

入場料が100円!ってところも〇。

あまり写真家に詳しくない俺だけど、森山大道は知っている。新宿や渋谷の雑然とした街角やそこに居る人間をサクッと切り取ったモノトーンの作風は好きだ。

モノトーンとザラついた、わざと粒子を荒くした画作りは、何かハッとする様な気持ちにグサリと入り込んで来る様だった。ほとんどがA2版程度のサイズの作品が60点くらいの展示だったが、楽しめた。

彼の写真をみると素人の俺が「素人っぽく見える」と感じるところが、やはり俺は素人なのだろうか、とセミプロ写真家の友人に尋ねてみたら、「写真に玄人素人は無いと思う。ただ空気や気を他人が分かるように切り取れるか否かではないかと勝手に思っている」との事。なるほどねぇ。

12月27日(金)まで、吉祥寺の武蔵野市立吉祥寺美術館で(10:00~19:30。12/25は休館)。お近くにお越しの節はぜひお立ち寄り下さい。

2013年10月21日 (月)

おしゃれでいましょう、オヤヂこそ

過日、高校時代の同期会があった。男も女も皆、50も半ばなのでそれなりの老けぐあいだけど、着ていた格好を見ると何と無くその人の今が垣間見れる気がした。

ところでワシらオヤヂ達は、歳を重ねるに連れてもっともっと服装にこだわりたい、お洒落で居なけりアカンです。

それでなくてもジジくさいだの加齢臭だの言われるのだから、オヤヂがモノトーンを身につけてたら葬式ですか?思われるだけ。ジジイこそカラフルに、バシッと行きましょう。若い連中に勝てる事は、少なくても世の中を見てきたという事実。何も高価な服を着なきゃなんて、そんな野暮の極みを言っているのではありません。まあ、無理強いはしませんよ。でもこんな太めの体型でも10代からおしゃれ命できたワシは、同期会で決めてきたヤツを見ると、う~むやるなぁと気合いが入るのであります。

オヤジはある程度のコストがかかったおしゃれが正解。やり過ぎは野暮、かけなさ過ぎは論外。ある程度ってのはそいつ次第だから基準無し。でもイイじゃねえか、死ぬまでおしゃれで有り続ければ。今際の際でコニャックか純米酒を一杯あおってみたいもんだな。

おしゃれは気分を上げる。確実に上げる。

さて、明日は何を着てゆくかな。そんなに服を持ってないけどさ。

続きを読む "おしゃれでいましょう、オヤヂこそ" »

2013年8月30日 (金)

国際都市?トーキョー

街角で他人が話している傍で聞き耳を立てるのは褒められた事じゃないけど、通りすがりで聞こえてくる会話には「?」と思う事が多い。

あれ?日本語じゃない!?

アジア系の人の場合、パッと見では分からない。昼休み、同僚と食事にでも行ってきた帰りなのか、おしゃべりしながら歩いてくる2人連れとすれ違うと、如何にもニポンのOLかなと思いきや、会話は中国語または韓国語だったりする。

ビジネス街の昼飯時。

中華料理屋に入ると、全く日本人と見分けがつかない若い連中が日本人の同僚と混ざってモサモサと青椒肉絲定食等を食べている。もう日本語と中国語がお互いにチャンポンで会話していたりする様をみると、羨ましいやら驚いちゃうやら、トーキョーもホントにインターナショナルになったのね、と感心してしまう。

信号待ちしている時の事。

一緒に並んでいた女性。見かけはチョイとヤリ手マネジャーっぽい感じの日本人(たぶん)なのだが、バリバリの英語で何やらまくし立てていた。ひょっとして香港系のファンドマネジャーかもしれない、いやただ英語が得意なだけのニポンのオネーチャンか。

でも白人とすれ違っても、明らかに英語以外の言葉をしゃべっている人間が増えた気がする。響きから「こりゃフランス語」「う~むスペイン語っぽいな」「何か響きがドスドスするからドイツ語だな」・・・世界の国からこんにちは状態です。

かつて「夜の世界旅行」と称する、国や都市の名前が付いたお店がたくさんありましたが、今は真昼間にフツーに、世界中の皆様がお越し下さる街になったのでございました。

♫ロンドン、ロンドン、ロンド~ン!・・・ハワイってのもあったな。

2013年8月12日 (月)

最高気温記録を更新!

ついに国内の最高気温記録が更新された。高知県の四万十川で、何と41℃だと。
もはやニポンは亜熱帯を通り越して、熱帯地域に突入したようなもんだ。
この地獄の炎天下、真昼間に屋外でスポーツするってのは自殺行為に他ならない。
まぁ水泳部の屋外プールならこの季節ならではなのかもしれないが、室内競技でエアコンを効かせた体育館でやるならともかく、屋外で練習だ試合だなんて、正気の沙汰ではないだろう。
でも「狂気の沙汰」はありましたよ。
ひとつはこれ。
それに何といってもこれ
これほど真夏の炎天下で運動を行う事が生命に危険である、と自らの紙面で訴えている朝日新聞。

偽善中の偽善です。

それでなくてもクソ暑い関西地方の真昼間に、若い人間に長時間の運動をやらせて平気でいるこの無神経さ。今まで良く大会期間中に熱中症で死人が出てこなかったと思うが、練習中には死んだ高校生は結構いるようだ。
「甲子園目指して頑張っているのだから、甲子園以外でやるのは意味が無い」と言う人がいるが、そうだろうか。
  • 準決勝以上4試合のみ、ナイターで甲子園で実施。
  • 投手の2試合以上または連続10イニング以上の連投禁止。
  • 投手は7回まで登板可または投球は100球以内で、必ず中継ぎまたはクローザーを付ける事。
・・・みたいな縛りを付けた方が体の負担は軽くなるし、ピッチャーのローテションにアタマを捻って面白いと思うけど。
でも、それよりもこの季節に試合をやるって事がそもそも「狂気の沙汰」ですな。

2013年4月 4日 (木)

成果主義と目標管理

とある春の日の夕飯時。

家の近くのスーパー(生協)に生姜を買いに行った。夕食に鰹の刺身で一杯飲ろうと思ったら、生姜を切らしているのに気が付いた。やっぱり鰹には生姜でしょう~♪もちろん山葵でも旨いけどね。ワタシは生姜の方が好きです。

良さげな生姜をつかみ、レジで支払うべくサービスカウンターの前を通りかかったら、中年の女性社員が仕事をしながら何やらA3ほどの書類に書き込んでいるのが目に留まった。

「?」何書いているんだろ?

人の仕事を覗き見するのはあまりいい趣味じゃないけど、覗かれたくなけりゃサービスカウンターなんて人目にさらされるところでやらなきゃ良いのに・・・ってな事を一瞬考えて、チラ見したら「2013年度上期(第1四半期だったかな?)目標及び行動計画表」なるものだった。

ありゃ、それって昨今の勤め人にはおなじみの目標管理制度の用紙でないの。こんな場末(失礼)のお店に勤める社員に対してもこの管理手法は徹底されているのね。たぶん半期(または四半期)毎に、自店の売上と粗利益、経費の目標、重点化するカテゴリーとその目標売上&利益額、それらに対する自分の担当カテゴリーの目標数値とどんな対応をしてゆくか云々・・・なんて事をつらつらと書いて上長(店長か地区を担当するマネジャーか)に出して面談して、あーだこーだと修正されて目標(踏み絵)が決まり、10月頃に査定されて年末のボーナスが決まるのだろうな、と思った。

何だ、どこでも同じことやってるんだな。イイの悪いの、問題があるの、はココでは言わないでおこう。同じ手法で管理される勤め人として心の中でつぶやきました・・・

「ご同輩、俺も同じで、年に何回かしなけりゃならないセレモニーです。淡々と乗り切りましょう」

そんな事とはつゆ知らず、サービスカウンターの女性はお客さんの対応をしつつ、書類と格闘していました。

花見も盛りを過ぎた日の一コマでした。

2013年4月 3日 (水)

Jスポーツに加入しました

今年は初めてヨーロッパに行ってみたいなと考えている。

毎度、海外へとなると専らアジア方面(タイかマカオか、大陸)ばかりだったので、一度は行ってみるかと。まあアジアとヨーロッパじゃどっちが良いの悪いのと比較するのは意味が無いけど、好きかどうかと言われたらアジアの混沌した雰囲気と食べ物と季節感は何ものにも変え難く、年に1度は熱帯の風に吹かれないとどうも落ち着かない。

で、ヨーロッパに行くなら事前にお勉強しましょという事で、手っ取り早くツールドフランスを観ればイイじゃんとなり、ならJSPORTSに入るか、となった次第。ああ、長い前振りでした。

サイクルスポーツは結構充実してるし、他にメジャーリーグやプレミアリーグも観れる。まあ飽きたら中断すりゃイイし。早速、今度の日曜日はパリ~ルーベ のレースがある。

こりゃ楽しみです!

2013年4月 2日 (火)

カラオケの持ちネタ

過日。自分より若い人とカラオケで歌う機会があった。

1人はひと回り弱、もう1人はふた回り弱の年齢差。3人目と4人目は割愛(身内とその友人)。お2人は優しくてこのオヂサンに合わせてくれたのか、俺でも知ってる曲を中心に選択してくれた。

それに引き換えこのオヤヂ、ここ10年来ほとんどネタが変わっていないのに我ながら呆れてしまった。「まぁ相手は初対面だしイイか・・・」と歌っていたけど、本人自信、いい加減飽きたなぁと思っていた。 ちなみに学生時代の仲間と歌うことになると、もうかつてのTBS「ザ・ベスト10」の世界・・・70~80年代のオンパレードです。ああ、歌謡曲の時代が懐かしい。

でもなぁ、女性は若いアイドルタレントの曲を歌ってもでもシャレになるから良いけどさ、オッサンは今流行りの曲を選んだりすると、痛いというかどん引きされるだけだわな。となると、かつて親しんだ時代の、良く言えば馴染みor定番、手あかがついたのになってしまうのよね。

・・・一度、ひとりカラオケで思う存分歌いたい。え、誰もアンタの歌なんて聞いちゃいないから、誰と歌いに行っても同じだって?

ごもっともでございます。

2013年4月 1日 (月)

blogに戻ろう

ひさびさにblogを書こうと思ったらなかなか進まない。ツイッターの気楽さに慣れてしまって、まとまった文章を書くのに手こずっている。

でもかつてはコッチがメインで、あっちはオマケだったはず。書くのには多少時間が掛かるけど、伝えたい事はやはりコッチの方が伝わる。

てな訳で新年度になった事だし?、春からはコッチの頻度を上げようと思ったのでありました。控えてたあっち(ツイッター)も再開します。ちなみにツイッターとコッチは連動は当面しない事にしておきます•••なんて誰も読んでねぇっか。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31