フォト
無料ブログはココログ

« 大連に行ってきました2 | トップページ | 大連に行ってきました4 »

2011年6月26日 (日)

大連に行ってきました3

北京や上海、成都や広州みたいなメガ都市じゃないが、650万人もいる立派な大都市の大連。日本なら仙台か新潟、広島あたりの地方都市ってなところだけど、人口は大阪府並み。

街自体は小ぶりなので主だった通りや広場には歩いて行けるが、クルマの多さと傍若無人さにはゲンナリ。大陸らしく歩道は幅が広くゆったりしているけど、そこに路上駐車のクルマが斜めに乗り上げているので、まともに歩けない。ほとんど、どの歩道を歩いていても同じ~メインストリートも裏路も。仕方なく車道の端を歩く羽目になるのだけど、そこにクルマやダンプが猛スピードでガーッと走ってくるから怖いのなんの。

泊まったホテル「日月譚大酒店」(Sun Moon Lake Hotel)。名前から台湾資本らしい。

Hotel泊まった事のある人のblogではあまり評判は良くなかった様だが、決してそんなことは無くて、値段なりにフツウ。ホテルの周りの庶民的なエリアで、治安が悪いなんて言うネットの書込みもあったがそんなことは全く感じなかった。

夜中にホテル裏のコンビニに水を買いに行ったし。ちなみにホテル入口脇の羊肉の串焼屋↓、安くて旨い!1本1元。

Rum1道端に椅子とテーブルを出して、串焼をアテにビールを飲む。イイねぇ~。ワシらはテイクアウトにしたが、ココでまったりと夜風に吹かれてビール飲みたかったな。店のお兄ちゃんも親切だったし。

Rum2_3
こんな名前のお店でした。夜しかやってないです。

このホテル、近くにあるインターコンチや日航ホテルと比べちゃいけません。バスタブの周りに黒いカビが生えていても、排水がイマイチでも、そんなこと気にしていたらこの手の激安ツアーで旅行なんかしない方がまし。タオル交換と部屋の掃除は毎日キッチリしてくれるし、十分です。でも、無料の水(ペットボトル)は置いていないので、近くの店で買ってくる必要あり。ただ安いので、地元中国の団体さんが良く使う様で夜中に飲んで騒いでいたりするのは、ちょいとカンベンかな。

大連駅。東京のJR上野駅を模したデザインらしいが、言われてみればそんな感じがする。これまた日本占領時代の建物。↑のホテルはココから歩いて5分くらいのところ。

Station3日曜日だったので、人人ひとヒトヒト、人ばかり。物凄い混雑。どこからそんなに人が湧いてくるじゃ?と思うくらいの人の数。

南口↑と北口をつなぐ線路下の通路で。これはピークをやや過ぎた頃。

Station7

通路を歩く若い衆であります。女性の服装は日本とあまり違いは無い。ひとつ違うのは、コッチの女性はメチャクチャにスタイルが良い事(↓の写真とは無関係ですが)。

Station12

大連女性の平均身長は170cm(!)らしく、街で見かける女性は中学生くらいからチョイと年食っている人まで、皆がみんな脚が長くてスラリとしているのにはビックリ。後ろから見る限りではイイ女天国!が、前に回るとスタイル程にはかなり地味で、至って普通の女性だったりする。現地ガイドの張さん曰く、中国美人の2大産地は北は大連、南は蘇州だそうで、大連は長身でスラリとしたタイプ、蘇州は小柄&小顔なタイプなそうな。大連は長くロシアの支配が続いたので、白人(ロシア人)の血が微かに混じっているからじゃないのかと言っていた。ああ、胴長短足のニポン人、もっと血が混じった方が生物的には良いのかも?

大連=篠田麻里子タイプ、蘇州=大島優子タイプってなところかしら。ワシはどちらも大好きです。

« 大連に行ってきました2 | トップページ | 大連に行ってきました4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大連に行ってきました3:

« 大連に行ってきました2 | トップページ | 大連に行ってきました4 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31