フォト
無料ブログはココログ

« 体によい事ねぇ・・・ | トップページ | リストランテ スカレッタ(渋谷のItalian) »

2004年11月30日 (火)

三鷹でランチ

日曜日のお昼時たまにはまあまあのlunchでもと、カミさんと2人三鷹駅北口のビストロ“グランソレイユ”へ。フランス語で「でっかい太陽」ですか、ココは。
lunchメニューは4種類のコースとアラカルト。1600円の一番手頃なAコースにし、メインは俺=七面鳥のローストトリュフソース、カミさん=子牛のパイ包み焼きを選択。季節柄、七面鳥はどうかなと思ったが油が無さ過ぎ、バサバサ。まあ、この鶏は元々そんなに美味い素材じゃないから、こんなものだろう。カミさんのパイ包み焼きは逆にコッテリでボリュームたっぷり。食いきれず1/3は俺の胃袋へ。日曜日の昼下がり、Mcdonald'sでvalue set食うよりははるかにマシだが、netに出ている評価なんて全く当てにならないな、こりゃ。

それにしても、これはと思う料理は300~500円増しの設定。そりゃ無いよ。だったら始めから2000円1本にすればイイのに、基本の1600円だったらパスタのみでしかもミニデザートだと。
最近この手の追加料金メニューってのを堂々と要求するプリフィックスメニューのレストランが多い。そしたらプリフィックスの意味なんかねーじゃん。何とか一定額の料金でメニュー選択可能にするのが経営ってもんじゃないかな。それを意図も簡単に「追加料金」てのは何の工夫も努力もしてない、と言われても仕方が無い。肉なら多少サイズや部位や産地を変えてみるとか、付け合せで変化を付けるとか、シロートの俺にですら幾つか思い浮かぶのに。何れにしろ潔さの様なものを感じさせて欲しいところである。まあそれでも美味ければ多少は眼をつむるけどもね。
敢えて地元三鷹のフレンチということで、もう1回だけDinnerで試してみるかその内。

« 体によい事ねぇ・・・ | トップページ | リストランテ スカレッタ(渋谷のItalian) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三鷹でランチ:

« 体によい事ねぇ・・・ | トップページ | リストランテ スカレッタ(渋谷のItalian) »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31